こんにちは!

今日は、看護師さんのなりやすい症状について書いてみます。

立仕事で場合によって力仕事もするので、腰痛やヘルニア。

デスクワークもすることから、姿勢が悪くなり、猫背による肩こりや疲れ目、首の不調など。

深夜帯の仕事もするので、生活が不規則になることによる自律神経失調症など。

特に多いのが、鬱病だそうです。

そして、一生懸命しすぎる方も多くて一生懸命すぎて気がとぎれてしまう、バーンアウト症候群という病気にかかりやすいそうです。

鬱病やバーンアウト症候群になる原因としては

性格からなりやすい人もいますが、大きいのはストレスです。

看護師さんといえば、患者さんと接することで気が抜けないことや、死を目の当たりにすることで少しづつ蓄積していく方が多いようです。

特に女性の方は、月経もあって精神的、肉体的にもつらいときがあるので、どんどん追いつめられていく傾向にあります。

バーンアウト症候群は、一生懸命がんばりすぎる方に起こりやすく、いわば電池が切れたようになって働く意欲をなくして社会に適合できなくなる状態です。

これは最悪の場合は、自殺まで追いつめられてしまうので気をつけなければいけません。

他人を思いやれなくなってしまったりするようなので、看護師としてはなかなか致命的な病気です。

これは、なぜなるかというと、看護師という仕事は医者ではないけど知識は必要で、勉強する。

だけど、知ってて当たり前だし、感謝されることはあってもなかなかほめてもらえなかったり、認められることが少ない職業だからだそうです。

一生懸命がんばっても、報われないことが多いのでそこに一生懸命になりすぎる方はとてもこのバーンアウト症候群にかかることが多くなるそうです。

あと、労働自体もきつく生活も不規則で肉体的にも精神的にも追いつめられていく傾向にあるようです。

鬱病の一種なので、これもやはりストレスが多く関係してきます。

これらを予防するためにはどうしたらいいかというと。

まずは、部屋の掃除をしたり身の回りの掃除をして整えていくとこ。

これだけで、精神的に落ち着く方も多いです。

しっかり寝る環境を作ること。

これは、残業をしすぎないようにしたり、家族にも協力してもらって寝る時間を作ることです。

ストレスは、睡眠をしっかりとることで解消もできますし、体を休めることで肉体的にしっかり回復も促されるからです。

それでも、体に不調がでる場合が多いので当院だったり整体院などいって病院ではできない体のメンテナンスをしっかりすることです。

姿勢は、脊柱からですので、姿勢を正せば健康寿命を延びます。

脊柱や骨の歪みの専門家はカイロプラクティックや整体になりますので、しっかり矯正して体を整えて、そのときにグチでも漏らせば精神的には、落ち着いてきますので是非いっぱい愚痴をこぼしていってください!

勿論口外は致しませんので!

体と心の調整をしっかりしていけば、鬱病やバーンアウト症候群はしっかり予防できますのでしっかり予防していきましょう!

この病気は、まさか自分がかかるとは皆思ってないので、最近やる気がやけにでない方は要注意ですので、一度自分を見つめ直してください!

いつも読んでいただいてありがとうございます(^O^)

カイロプラクティックDandelion 代表多胡彰紀より