こんにちは!
今日は、夏バテについて書きたいと思います。
夏になると、暑くなってきて食欲が落ちてきます。
食欲が落ちてくると、少食になっていきます。
そうすると、エネルギーとして体内のタンパク質がどんどん減っていきます。
減りすぎると、体がだるくなったり、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなります。
これがいわゆる、夏バテです!
ならないためには、単純に不足しているものを補っていくしかありません。
タンパク質は何から取りやすいかというと、鶏肉や、豚肉です。
特に、鳥のササミには良質の動物性たんぱく質が豊富なので、食べると良いです。
もっとあっさりしたものをという方は、豆腐がいいです。
豆腐は、元が大豆なので植物雨性たんぱく質が豊富です。
こういった食材をうまく食事の中に取り入れてしっかりと夏バテ予防していってほしいです。
ではまた

カイロプラクティックDandelion 代表多胡彰紀