こんにちは!

またまた更新が遅くなりました。

今日は、ヒートショックについて書きます。

ヒートショックは、体温より高温な状態から寒いところに行くと起こりやすいです、その死亡者も毎年1万人ほどいるそうです!

日常的には、サウナやお風呂に入ったあとや入るときに起こりやすくなります!

そして、暖房全室完全装備なので通常時も家から外に出たりするときは温度差が激しく、なかなか寒さになれないということも1つ挙げられます!

その予防としては、寒さに慣れておくことと、お風呂なんかはあまり温度差を作らないようにお風呂場を温めておく工夫が必要なのと、体の血に循環をしっかりできるような環境にすることです。

寒さになれることは、暖房の設定温度を低めにして家では寒いか寒くないかギリギリのとこで服装も調節することも大切です。

お風呂の温度差を作らない工夫は、湯船に蓋をしないようにして湯気で温めたり専用の暖房機器を入れたり、脱衣場なんかはお風呂の時だけ暖房機器で温めておくなどしておくといいです。

血の循環をしっかりできるようにする環境づくりは、姿勢がよくなるようにしておくこと。姿勢が悪ければ、当院やそういう整体院等に行って整えておくことがおすすめです。さらに、肩甲骨をしっかり回して全体の循環を促すようにすると体がポカポカになって抵抗力も上がっていきます。

あと、生活の中でしっかり体が動かせるような環境づくりや、適度な運動などして強い体作りをしていってください!

そして、続けることが大切ですので少しづつできることをすることもポイントと言えますのでまた頑張ってください!

ではまた次回更新まで!

カイロプラクティックDandelion(ダンデライオン)代表 多胡彰紀